スクラバーで工場の排ガスを綺麗にする

工場の製造過程で排出される排ガスは、製造している製品などによって違います。そのため排出された排ガスで人々の生活に影響を与えることもあります。今の世の中、排ガスをそのまま出している企業はありません。スクラバーなどで廃棄処理を行って影響を与えないようにしています。

しかし排ガスの種類によって、選ぶスクラバーにも違いが出てきます。そもそもスクラバーは排ガスや有害なガスなどを、吸着や水洗浄などをして大気に放出できるようにする処理装置です。こういった対策が不十分だと、近隣住民や自然環境にも悪影響なうえ工場で働く人の健康にも影響が出てきたりします。そのため排ガスの対策は工場にとって重要な課題です。

有効な対策をするために、自社の工場の排ガスの性質について知っていないといけません。鋳造工場の場合は、粉塵が混じっていたりアンモニアなどの強い匂いが発生します。こういった種類のものは、粉塵や臭いを除去するものを選ばなければいけません。製薬工場の場合は、作る薬によって薬独特の臭いが発生します。

強い匂いでも除去できるスクラバーを選ぶことで、近隣住民の迷惑になることをさけられます。化学工場の場合は、製造する製品によって有害物質や臭いが含まれたものが発生します。有害物質は健康に大きな影響を与える可能性があるので、化学工場に対応しているものを選びます。スクラバーも進化しており、メンテナンスが簡単でランニングコストを抑えるものも出てきています。

スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です