有毒ガス処理対策はスクラバーにお任せ

スクラバーの役割は、排気ガスや有毒なガスといったそのまま排出しては良くないものを吸いつけたり、水で洗ったり、薬液で中和などを施した後問題なく大気に放出する装置です。洗浄塔システムや排ガス処理装置と呼ばれることもあります。工場からの排気ガスをそのまま排出してしまうと、近くの住人の健康に影響を与えたり、環境問題に発展してしまいます。一番の被害者はその工場の従業員です。

工場の排気ガスもたくさんの種類があります。対応スクラバーの種類を紹介します。科学工場での分析、実験、製造過程でつかう酸やアルカリから発生した有毒なガスを送風機であつめてから排ガス洗浄装置で除去し、大気に排出する湿式スクラバーがあります。2つ目は水で洗うことでは除去しづらい有機溶剤や嫌な臭い活性炭を使い取り除く乾式スクラバーがあります。

活性炭吸着式とも呼ばれます。カートリッジ式のため吸着剤が簡単に交換できるメリットがあります。アセトン、トルエン、スチレン等に有効です。3つ目は処理風量10リューベ・パー・ミニッツ以下の小さい風の量や高い濃度の酸、アルカリ性のガスを処理する小型スクラバーがあります。

他の排ガス処理装置より小型で設置できる位置が抑えられるので室内に付けられたり、キャスターをつけて移動することができたりと用途が幅広いのが特徴です。このように有毒な排気ガスを処理してくれる排ガス処理装置、環境問題を守ってくれる強い味方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です