スクラバーを上手に活用するためには?

ここ数年の間、環境汚染が大きな話題となっていますが、工場から発生する排ガスもそのひとつです。そのまま外部に漏れてしまったら近隣に住む住民は迷惑であるばかりか健康を害する懸念があります。それに、近隣の人々だけでなくその工場で働く従業員にも健康被害が起こる可能性があります。そこで、そういった有害なガスを無害なものに変える大きな役割を担っているのがスクラバーです。

スクラバーは排ガス等を吸着したり水で洗浄、或いは薬液で中和することによって無害なものに変換し大気に放出するための装置として重宝されています。しかし、一口に工場と言っても生産されるものが異なります。そこで重要なポイントは、スクラバーを活用する前に個々の工場でどのような種類の排ガスが発生するのかということを把握しておくことです。発生するガスの種類がわかれば、それに対して最も有効的な排ガス処理の方法を探すことが出来ます。

例えば鋳造工場と製薬工場では取り扱っている物が異なります。従って両方に同じやり方で有害物質を取り除こうとしても同じ効果が得られないという懸念があります。スクラバーは強い臭気物質を除去する効果がありますが、鋳造の製造過程では単なる臭気だけでなく、粉塵が混ざった排ガスが放出されることになります。このガスが体内に入ると呼吸器に影響を及ぼす可能性があるため、この場合は粉塵を取り除く処理方法が必要となります。

場面場面に合った対処方法を採り入れることが、スクラバーを上手く利用する秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です