乾式スクラバーの構造と用途

工場で排出される排気ガスの中には、人体に有害な有機溶剤やハロゲンガスなどが含まれる場合があります。これらの物質を大気中に放出すると環境破壊の原因になるため、有害物質を除去する必要があります。乾式スクラバー(洗浄塔)は有機溶剤やハロゲンを除去するための装置のひとつで、水に溶けない汚染物質を除去する目的で使用されます。乾式スクラバーの構造ですが、排気ガスは粉塵や液体を除去するためのプレフィルターを通過した後に、活性炭フィルターを通過する仕組みになっています。

活性炭フィルターで有機溶剤やハロゲンのガスを除去されますが、粉塵などが含まれていると目詰まりを起こしてしまう恐れがあるのでプレフィルターが使用されます。活性炭は多くの細孔があり、ガスが通過すると有害物質がキャッチされて吸着されます。炭素が主成分の活性炭は有機物質と相性が良く、有機溶剤やハロゲンガスを効率的に取り除くことができます。活性炭フィルターにより汚染物質が除去された排気ガスは、煙突を通して大気中に放出されます。

乾式スクラバーの活性炭フィルターはハニカム構造のブロックが用いられることが多く、ヤシ殻活性炭などを粘土に混ぜて整形した後に焼結して作られています。ある程度の期間にわたり使用し続けると活性炭に多くの汚染物質が吸着して、排気ガスの洗浄能力が低下します。使用済みの活性炭フィルターは加熱処理が行われ、吸着された汚染物質が取り除かれてから再利用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です