スクラバーで排ガスを抑える

スクラバーとは、工場の排ガスを処理する装置です。工場での製造過程に於いて排出されるガスや有害ガスなどを、吸着や水洗浄、薬液による中和などで処理したのち、安全に大気に放出できるようにするための装置です。洗浄塔システムや排ガス処理装置とも呼ばれています。水膜により100%の気液接触を実現したスクラバーをはじめとした、色々な種類があります。

工場での製造の際に発生する排ガスを、そのまま外部に放出した場合には、近隣の住民の迷惑になるだけでなく、環境的にも大きな問題を引き起こします。また、排ガスへの対策が不十分な場合、従業員の作業環境の悪化により、生産性が低下するだけでなく、著しい健康被害が起こる可能性も考えられます。そのため、スクラバーでの排ガス処理は非常に重要かつ大きな課題なのです。しかし、工場での製造過程に於いて排出される排ガスの環境への影響は、その種類によっても大きく違ってきます。

そのため工場の種類に応じて、適切なスクラバーを使用しなければ意味がありません。スクラバーを取り扱っている各企業やメーカーは、鋳造や製薬、化学およびゴム製品の加工などの各工場を主だったものとして、対応するものを開発しています。工場から排出されるガスの処理対策を行う場合には、その工場から、いったいどのような排ガスが排出されるかを認識し、それに見合った有効な対策を立てることがいっそう重要になると言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です