スクラバーで処理できるもの

スクラバーは工場の排ガス処理の際に用いるものです。工場における製造工程で出る排ガスには種類があります。種類を知らなければ、効果的な処理対策はできません。水膜により100%の気液接触が可能なデオライザーというスクラバーがあります。

毒性がとても強いガスも吸着し、水洗浄及び薬液中和などを行えるものです。この機器で処理したものは大気中に放出することができます。排ガスの処理対策をしなければ、スタッフの生産性がひどく低下したり健康被害が生じたりするかもしれません。特に鋳造工場のラインにおいては粉塵が含まれた排ガス、あるいはレジンが含まれているアンモニアなどの臭気物質が生じます。

粉塵が含有された排ガスが肺や気管まで達すれば、呼吸器に何らかの症状が出るでしょう。臭気物質については、大気中に放出されれば周辺住民に健康被害が生じるかもしれません。スクラバーはこのような粉塵や臭気物質を取り除くものです。科学工場から出るホルムアルデヒトや、ゴム製品の加工工場から出る粉塵や有機溶剤が含まれた排ガスにもスクラバーは対応しています。

さらにシロキサンやシリコンなどを含有する排ガスの処理も可能です。高性能の散気装置であるアクアブラスターを搭載しているスクラバーがあります。水の腐敗を防いだりスラッジの発生を抑えたりするものです。その循環水の長期利用が可能な機器ということです。

また最近では製薬工場に適したものも登場しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です