取り扱い製品により最適なスクラバーを選ぶ

化学工場はどのような製品を製造しているのか、取扱製品により様々な有害物質および臭気物質が発生します。ホルムアルデヒドと呼ぶ物質をご存じの人は多いかと思われますが、ホルムアルデヒドは人体に有害な物質であり化学工場で放出されるガスに含まれることもあるといいます。他にも強い臭気を持つような有機溶剤などもありますので、そのまま放出されてしまえばホルムアルデヒドによる健康被害や嫌な臭いの中での生活を強いられてしまうなど、周辺に住んでいる人に対して大きな迷惑となり得ます。スクラバーは、環境に優しい装置であり粉塵・臭気物質・有害物質を除去、クリーンな環境を維持できる装置の総称です。

ただ、スクラバーはすべての排ガスを処理できるわけではなく、取り扱っている製品や排ガスの種類などに応じて最適なスクラバーを選ぶことが大切です。仮に、化学工場で使っている装置を他の製造工場で使った場合、同等の効果が出る場合もあれば効果が得られないケースもありますので、どのような排ガスが発生するのか、これを抑えて排気ガス処理を考えることが重要です。有害な物質が含まれる場合はもちろん、臭気物質が大気中に放出されると風向きなどにより広範囲のエリアへの臭気問題が生じる可能性がありますので、適切なスクラバーを選び導入することが大切です。環境改善システムの開発を行っている会社などがスクラバーを用意しており、事例などを利用して自社工場に最適なものを提案してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です