• スポーツサポーターでパフォーマンス改善

    筋肉疲労や筋肉痛や靭帯損傷や骨折や外傷や脱臼や捻挫や打撲や肉離れや腰痛など、スポーツには数え切れないほどのリスクやトラブルがつきまといますが、関節痛もその一つです。
    関節痛が起こりやすい場所と言えば膝です。

    お手軽なスポーツサポーターの情報はこちらです。

    サッカーやバスケットボールやバレーボールや格闘技やバドミントンや卓球やテニスなど、膝に大きな負担がかかるスポーツを日頃から行っていて常に膝関節の痛みと隣り合わせで悩んでいるという方は多いでしょう。


    スポーツの前後はウォーミングアップのためのストレッチとクールダウンのためのストレッチを念入りに行う、痛みを感じたらすぐにアイシングをして患部を冷やす、クッション性に優れたシューズを選んで衝撃を吸収させるなど関節痛対策には様々なものがありますが、スポーツサポーターで関節可動域を制限して膝を保護するというのも一つの方法です。
    スポーツサポーターは様々なスポーツメーカーで取り扱っていますので、お気に入りの商品を見つけてさっそく装着してみましょう。

    関節可動域が制限されることで自然と無理が生じない動作になりますし、痛みや違和感を気にせずに思いっきり下半身を動かせるようになるのでパフォーマンスも改善されます。



    痛みをかばうことでフォームが崩れたりするのも防げます。



    スポーツサポーターで膝が守られているということが精神的な安心にもなりますし、自分のプレイやフォームやスタイルを見つめ直すきっかけにもなるはずです。